B2B/B2Cビジネスの特徴を理解して、きっちり自分のビジネスモデルに落とし込む方法

B2B/B2Cビジネスの特徴を理解して、きっちり自分のビジネスモデルに落とし込む方法

新しくビジネスをスタートする際に、まずは「ビジネスモデル」や「事業戦略」について、具体的な方針を固める必要があります。そのためには、まずB2BとB2Cの違いを理解する必要があります。

目次

1.B2BとB2Cのビジネスの違い

ビジネスは、一般的に「B2B(Business to Business)」と「B2C(Business to Consumer)」の2種類で区分けして考えられます。前者は「企業:企業」、後者は「企業:一般消費者」です。

大きな違いは、B2Bが「1:1」の関係であるのに対し、B2Cは「1:N」の関係になるところです。

B2Bビジネスの考え方

専門家

B2Bビジネスは「専門性の高いサービス」を提供すること、が前提にあります。事業形態が「法人」である必要はなく「個人」で商品販売やサービス提供をすることも可能です。特徴としては、下記のようなものがあります。

(特徴)

  • 高度なレベルの作業を求められる
  • 特定分野における専門性が必要

(事業者同士の関係性について)

  • お互いのビジネスレベルの一致が必要

    — 思考力のレベルが一致する必要がある

    — お互いの事業領域について相互理解がある方が有利

    — 専門性の相互理解がない場合でも、どちらかにノウハウがあれば対応できる

  • 人間関係も求められる(ビジネス単独だけの利害一致だけが条件ではない)

(導入までのフロー)

  • 環境構築が必要(設計図)
  • インフラの整備が必要(配信プラットフォーム)
  • 運用者(オペレーター)が必要

こういった特徴が絡み合って、ビジネスパーソン同士がつながり、「ある特定分野の事業領域の中で、生産性を高めるための企業活動を行うこと」がB2Bビジネスのベースになります。

自動車生産販売のビジネスモデル

たとえば、自動車産業という大きな枠組みの中で、「自動車を組み立てるためのパーツを用意し」「自動車を生産し」「自動車をエンドユーザーに販売し」「自動車の付帯サービスを販売する」という一連のフローの中で、誰がどの事業領域を担当し、どのエリアで活動を行うか?また具体的にどういった方針で進めるのか?を人々が集まって、相談しながら対応していくイメージです。(全部の作業は人間1人では実現しませんので、それぞれの特技を持ち寄って対応していきます)

この一連のフローを実現するために、必要なものをそろえ(資金や部品や人間)、実際に組み立てて、欲しい人に販売することで、また資金として回収し、新しいものを生産するための活動につなげていきます。よりグローバルな目線があれば、さらに大きな事業レベルまで検討することもできるようになるかと思います。

私たち個人個人の役割は、この一連のフローの中の一部業務を、効率良く実現させるために存在する「担当者」です。B2Bに参入する場合は、自分自身の会社が、どの分野のどの領域のどの業務を担当するかを検討します。

B2Cビジネスの考え方

小規模事業者

B2Cビジネスは、B2Bビジネスで行った一連の事業フローの中で、量産可能なものをパーツ化し、求め安い価格で一般消費ユーザーに届ける形のビジネスです。薄利による量産体制が必要になるため、個人事業主がB2Cをやろうとすると、1:Nのバランスが難しく、利益をあげるのが大変なビジネスモデルになると思います。(飲食店・小売・消費者向けサービス等)B2Cで利益を増やすためには、量産体制を作るところが大切になります。

(特徴)

  • B2Bで提供されるサービスを薄めたもの(設計図を元に量産されたもの)
  • 薄利が前提(顧客単価が安い)
  • 量産型モデルに変更されるため、不特定多数に向けて展開される
  • 個別対応はしない(見た目上のカスタマーサービスはある)
  • 利用者側も、価格とサービス価値(コスパ)によって選別することが多い
  • 利益をあげるためには、量を稼ぐ必要がある

一見、「安価な品物や、専門性が高くないサービス」を扱っており、簡単そうに見えるビジネスモデルですが、「儲ける」という観点で見ると、非常に難しいと思います。

あらかじめ用意された設計図を元に複製したような商材を扱うためスタートラインは低く見えますが、量産するために、ひたすら回転を良く、資金を継続させながら、事業を回していく必要があるからです。

B2Cのビジネスモデルは、あくまで「薄利」が前提です。価格競争などもあるため、利益率を考えてサービスや販売価格を決める必要があります。

現在は、「コンテンツ」が商品として販売できる時代です。「情報発信」の品質がよく、コンテンツとして価値がある場合、情報に値段がつくようになります。

Youtubeやブログのアフィリエイトなどがそれに該当します。このビジネスモデルは個人でも、量産体制が作りやすく、成功しやすい形になると思います。ただし、量産体制が整うまでは利益は発生しません。そこを踏まえた上で、継続して工夫しながら対応していくことが大切です。

2.多くのビジネスが、1年以内に廃業することになってしまう理由について

計算

起業は1年継続することが難しいとよく言いますが、理由は、世の中の多くの個人事業者が自分自身が行うビジネスについてきちんと検討しないまま「なんとなく周りの人を見よう見まねで事業をスタートし、聞いた情報を元に判断して、結局継続することが困難になるから」だと思います。

ビジネスの仕組みを考えると、物事はわりと単純です。

1000円で購入した品物を、単価いくらで販売し、1日何個販売すれば「利益」として回収できるのか?その他にかかる経費はいくらか?を計算するところからスタートします。

この計算ができないと、手元にある資金をうまく使って事業を回すことが難しくなっていきます。まずは最低ラインを決めて、最低でもこの売上がないと、事業を継続することが難しい(生活することが難しい)、というのを計算することが大事です。(月に20万は生活費に必要。経費としてかかる給与支払い、設備投資、仕入れ、税金・返済にいくら必要。→ だから、売上はいくら必要)

  • 生活費(家賃・食費・その他)
  • かかる経費(人件費・設備投資・仕入れ・光熱費・税金)
  • 必要な売上(生活費と経費を足したもの)

これだけ計算できれば、あとは売上を伸ばすための方法を検討し、かかる経費を節約しつつ、サービスの品質を高めるための方法も検討していくだけになります。

個人的に良くないと思うのは、「怪しいビジネスコミュニティに参加すること」「ビジネス書を読んで理解した気持ちになってしまうこと」です。正しい情報を正しく教えてくれる人はあまりいません。自分自身のことを1番理解しているのは自分自身(または身内)であることが多いため、自分自身でしっかり考えることが大切だと思います。

後書き

自然に生きる

ビジネスモデルの検討と自己分析を行い、他人とコミュニケーションをとることで、少しずつ結果が変わってくると思います。そんなに一生懸命自分自身を売り込む必要もなく、買ってくれる人がそれなりに満足して、それなりに楽しく過ごせるようになっていくはずです。

世の中のメディアが発信する情報に不安になったり、目立つ人の発言が「正しいもの」と誤解してしまうこともよくありますが、そうではなく、自分の在り方と向き合って、シンプルにとらえるとそう不安にならず、進めることができるかと思います。

ビジネスは、1にも2にもキャッシュフローの管理が大切ですので、そこを踏まえたうえで、B2BとB2Cビジネスの違いを理解しつつ、ブラッシュアップにつなげていただければ幸いです。