自分に合うホームページ制作会社の選び方のポイントを解説!事前準備のコツも紹介

自分に合うホームページ制作会社の選び方のポイントを解説!事前準備のコツも紹介

ホームページ制作会社によって得意とする業種が異なるので、「どのホームページに依頼したら自社に合う制作会社を選べばいいか」迷ってしまいますよね。

今回は、満足いくホームページ制作会社が見つかる選び方のポイントや、依頼する前の準備について解説します。

本記事の内容:
  • 自分に合うホームページ制作会社の選び方のポイント
  • 多制作会社を選ぶ前に必要な事前準備

目次

自分に合うホームページ制作会社の選び方のポイント

相性の良い相手を探す

会社によって、希望するホームページの内容は異なります。

たとえば、アパレルなどデザインを重視する会社もあれば、システム面にこだわって機能が豊富なサイトを希望する会社もあります。

そのため、ホームページ制作会社を選ぶポイントとして、以下をチェックしてみて下さい。

  • 希望に沿って提案してくれるか
  • 同業他社の制作実績があるか
  • 担当者とのコミュニケーションの相性は良いか
  • サポートやアフターフォローをしてもらえるか

それぞれ詳しく解説していくので、ポイントを抑えて合うホームページ制作会社を選んでいきましょう。

こちらの希望に沿って提案してくれるか

ホームページを制作するうえで、どのようなホームページにしたいかゴールが決まっているはずです。

自社であらかじめ準備した希望条件をホームページ制作会社に話したとき、ヒアリングして希望を掘り下げて提案してくれるかを見ておきましょう。

通常、ホームページ制作会社に依頼をするときは、オンラインで問い合わせ、実績をもとに希望をヒアリングして「今のホームページの流行り」や「みえていなかった機能や必要なページ」を提案してくれます。

その内容を聞いて、納得できるのか、良いホームページになるイメージができるか、を判断すると良いでしょう。

同業他社の制作実績

ホームページ制作会社を選ぶとき、「同じ・似たような業界の制作実績」や「自社が求めるデザインや機能性があるか」をチェックしましょう。

制作実績が豊富な会社でも、経験していない業種や得意としない業種があることも多いです。

同業種の制作経験があれば、業界のルールやWebサイトの流行なども把握しているので、スムーズにやり取りが進むので安心してお願いできます。

また、総合力のある制作会社なら、一定のクオリティで制作してくれる可能性があるので、候補に入れてみても良いでしょう。

担当者とのコミュニケーションの相性

見落としがちですが、担当者とのコミュニケーションの相性は非常に重要です。サイト公開まで、長ければ数か月単位で一緒に仕事をすることになります。

もし良く知らない専門用語で説明してくる、返信が遅いといったことがあれば、納得いく成果物にならないということになりかねません。

「話が噛みあわない」と感じたら、担当者を代えてもらう、もしくは制作会社自体を変更することをおすすめします。

また、可能であれば「対面での打ち合わせ」ができるほうが良いでしょう。最近では、リモートでの打ち合わせのみという企業も多く、細かいニュアンスを伝えるのが難しいのは事実です。

そのため、対面での打ち合わせができないなら、せめてZoomなどのオンラインツールを使って打ち合わせ、やり取りができるかどうかを確認しておくと安心です。

サポートやアフターフォローはしてもらえるか

ホームページは制作後も、運用や改善、ビジネスの成長によって機能追加するなど、継続的にメンテナンスが必要です。

そのため、ホームページ制作するときのサポートはもちろん、次の点も確認しておくと安心です。

  • ホームページが納品された後、メンテナンスを依頼できる
  • 実際に公開後も、集客やコンバージョン(申し込みや売上)を上げるための提案をしてくれる

ホームページ制作後にほかの制作会社に切り替えてしまうと、システムの連携や仕様が異なり、把握するための時間がかかる、一部内容を変更するといったこともあるため、長く付合える会社に依頼すると安心です。

制作会社を選ぶ前にしておきたい準備

社内で相談

制作会社選びで失敗する1番の理由は「依頼する前の準備不足」です。

ホームページ制作会社は企業から聞いた情報をもとに制作を進めるので、必要な情報を伝えていなければ思ったようなサイトにならないということも。「早く完成させたい」と依頼をしてしまっても、結果として修正が多くなれば空回りしてしまいます。

そのため、最低限必要な準備を整えたうえで、制作会社に依頼をするようにしましょう。

ホームページ制作の目的やターゲットを決める

まず、ホームページ制作の目的やターゲットを決めましょう。目的を決めることで、どのようなホームページにしたいかも明確になります。

ポイントは、なるべく「具体的」に決めることです。

  • サイトからの問い合わせ(コンバージョン)を増やしたい
  • デザインを強化し、新卒採用を強化したい
  • Webに詳しくなくても更新しやすいサイトにしたい

このように、目的によって注力するポイントやWebサイトの内容も大きく異なります。せっかくサイトを作るなら、目的を達成できるよう事前に明確にしておきましょう。

また、どのようなターゲット層にアピールしたいのかもはっきりしておきましょう。

たとえば、主なターゲットとして「顧客」「募集人材」「株主」の3つが挙げられます。BtoB(対企業)なのか、BtoC(対個人)なのかによっても異なり、ターゲットが変われば優先するコンテンツやデザインも変わってきます。

ほかにも、「性別」「年代」によっても使うべき「色使い」「機能性」も異なるため、具体的に想定することが重要です。

改善点とアピールポイント

ホームページ制作が初めてではない場合、今のホームページの課題や改善点を洗い出しておきましょう

制作途中で要望が増えると予算がかさんだり、納期に間に合わないことも考えられます。デザイン性に注力しがちですが、改善要望によって取るべき最善策は変わってくるため、様々な角度から考えてみましょう。

また、同じように自社の商品・サービスの特徴、強みを整理しておきましょう。制作会社は、企業から得た情報から制作するため、サービスの特徴や強みの伝え方次第で、出来上がるホームページのクオリティは大きく変わってきます。

自社の商品やサービスに詳しく、最も魅力を伝えられるのはその企業に勤めている人です。積極的に情報や魅力を伝え、情報を漏らさず伝えられるようなホームページにしていきましょう。

納期と予算の決定

制作会社からしてみると、納期は重要なポイントになります。同時に複数の会社の制作を進めているため、他のリソースと納期から対応可能かを判断しなければなりません。

できれば、納期には余裕をもって依頼することをおすすめします。納期が極端に短いと、十分な打ち合わせや修正の時間を取れないので、クオリティが下がる原因となります。

どうしても短期間で納品を希望する場合、「必要最低限のライン」を決めておき、残りの部分は後から追加するなどの方法を検討することも必要です。

ホームページ制作会社に依頼するときは事前準備が重要

成功するホームページ制作

この記事では、失敗しないためのホームページ制作会社の選び方のポイントを解説しました。

ホームページ制作を成功させるには、実は依頼する企業の事前準備が重要となります。制作会社は、クライアントの準備した情報から、適切なホームページとなるように提案・作成を進めるため、あまりに情報不足だと優秀な制作会社でも希望通りのページを作るのは難しいでしょう。

反対に、クライアント側の準備が入念であれば、支払った金額に見合うクオリティのホームページを完成させる可能性が高くなります。

今回紹介したホームページ制作会社選びのポイントを参考に、自社に合う制作会社を探してみてくださいね。