売れるホームページと売れないホームページ

売れるホームページと売れないホームページ

ホームページを作って「売れる」、「売れない」の違いってなんでしょうか。単純な話ですが、ホームページを見たユーザーから反響があるかどうかの違いです。

反響があるホームページを作るためには、「お客さまの気持ちにそった内容であること」が求められます。また、SEO対策などの技術的な施策も必要になります。

「EzONE 中小企業DX推進部」では、「ホームページ」を使って、どのようにすれば売上や集客につながるための活用ができるのかを、初心者さんにもわかりやすく解説していきます。IT化に向けた勉強になると思いますので、ぜひご活用ください!

目次

そもそもホームページとは?

「ホームページ」は、ドキュメント(文書)を作成し、作成したドキュメントをインターネット上に配信する仕組みです。ホームページそのものが集客力を持っているわけでなく、中に書いてある「コピーライティング」を中心に、営業活動や販促に使えるためのツールとして用意していくものになります。(営業資料の上位版のようなイメージです)

ホームページを作るにあたっては、まず「作る目的」を意識し、どういった活用を行っていくかを最初にイメージしておくことが大切です。

営業マンの代わり?求人のため?ブランディング?目的をハッキリさせることで、ホームページに何が必要で、どう運用するべきかの具体的な方法が明確になっていきます。

ホームページ作成サービスと、ホームページ制作サービスの違い

クラウドサービス

ホームページ制作とは、読んで字のごとく「ホームページ」を「制作する」ことです。「ホームページ」という情報メディアを作る作業のことを意味します。

WixやJimdoのようなオンラインサービスは「ホームページ作成」、ホームページ制作会社の提供するサービスは「ホームページ制作」です。

無料ホームページ作成サービスは「自分で、ホームページを、無料で作ることができる」オンラインサービスです。ひと昔前に流行った「ホームページビルダー」や「DreamWeaver」のようなソフトウェアをオンラインで使えるツールをを意味します。

無料のホームページ制作サービスは、ホームページを作る知識や技術を持った人が「無料」でホームページを作ってくれるサービスです。人が動くので、当然無料のボランティアではありませんが、「初期費用が無料」などのセールスポイントでサービス提供をしているビジネスモデルになります。

(個人事業向き)Wix.comを使って、自分でホームページを作る方法
(個人事業向き)Wix.comを使って、自分でホームページを作る方法

「Wix.com」「Jimdo」「Base」「ペライチ」など、さまざまな無料ホームページ作成ツールが登場しています。デザインがあらかじめ用意されていて、コンテンツを流し込むだけで簡単にホ […]

サービスの提供価格が違う理由

ホームページを作るためには、「掲載する内容を決める」「掲載する情報を用意する」「デザインを決める」「コーディングする」「システムを導入する」など、いくつかの段階に分かれて作業が発生します。

無料のホームページ作成ツールを使った場合、「デザインを決める」「コーディングする」の作業が不要になりますが、それ以外は自分自身で対応する必要があります。

ホームページ制作会社に依頼した場合、ほぼすべての作業を代行してくれます。

ホームページの制作料金が異なるのは、ホームページを作るだけのサービスなのか?メディアや、広告としての情報コンテンツとしてきちんと設計されたものなのか?などの、制作レベルや経験の差によって価格が変わることが多いです。

ホームページ制作サービスの提供料は『技術』に対して発生する価格ですので、美容室などの価格設定と考え方は同じです。(スタイリストのレベルによるのか、お店のレベルによるのか、立地によるのか、等です)技術提供者が決めた価格設定によって、価格が変動する形になります。

ホームページ制作のスキルとは?

料理人

Webデザインやコーディングの基礎知識は、専門学校を卒業して、少し実務経験を積めば身に付くため、基本的なホームページを作る作業自体はそう難しいものではありません。レシピをもとにケーキ屋さんがケーキを作るようなイメージです。

ですが、オリジナルのレシピを考案し、それを食べた人が美味しいと思うものを考える作業は、体系的な知識や長年の経験が必要になってきます。

ホームページ制作のスキルも同様で、体系的な知識や経験を元に、全体像をとらえて、構成を組めるかどうかがホームページ制作のスキルになってきます。

ご自身でホームページ作成ツールを使って、作業をしていく場合は、最初に目的を決めてから、何をどう作るのかを検討していく必要があります。

ホームページを作ってみよう

最初に説明したとおり、ホームページはドキュメント(文書)をインターネット上で配信するための仕組みです。色々なツールを使えば、自分自身でも制作することができます。

選んだツールによっても「出来ること」「出来ないこと」があり、制作する目的は「自分がやりたいことを実現するため」です。

最初の目的が達成できるように、ゴールを決めて取り組むことが大切です。次回から、具体的なホームページの中身について解説していきます。